扉の向こう側(6月サロン)






都会の喧噪を忘れて、ささやかな「隠れ家」


プチ・サロン in 渋谷



サロン、そこは日常とは違う別世界。

たくさんの石に囲まれながら
のんびりお茶を飲みながら、ゆっくり見ながら
石をこよなく愛する人達の束の間の癒しのひととき。

優しい日差しに包まれて、普段何気なく見てる石達に新たな発見も見出したり。
どこからともなく自然に会話が弾みだす。

サロンとは知的な会話を楽しむ場所を意味し、
情報が集結する場所である。
ミスリルのサロンは石談義を楽しむ場所であり、
また石の情報が集まる場所でもある。

アットホームな雰囲気の中で多くの方が集いました。




今回ほど、ホントにサロンらしかったことはなかったかも。

一つ上のクラスの遊び心も忘れてない大人のサロン。


集まった人達のその瞬間にしか生まれない奇跡がいくつもあり。
お互いのもつ情報を分け隔てなく共有したりと。

他では聞けない、本にも乗ってない、
市場にもでてない情報満載すぎて。。
胸にしまっておきます(´艸`*)

お越しいただいた方々からもっともいただいたお言葉。

「来てよかった!」


前の倍の大きさのスペースになり、
当初はちょっと心配したりしたのですが、
蓋をあけてみたら。。。

気が付いたら展示会ではけしてできない、
大好きな石を座りながら囲って、
自然といくつものグループができていて、
それぞれの石について語り合ってる光景は。。。

理想郷


さて、今回の目玉の幻の石ですが。。
丸二日、一体何の石に色が似てるだろうと。
あれこれと筋金入りのレアストーンコレクター一同喧々囂々とやりましたが。。。

該当する天然の石がゼロでした。


ナポレオン時代に産出した石は、
とっても洗練された上品で高貴で、
気高く、唯一無二の色でした。


ご縁があって舞い込んできた貴重な幻の石。

「ミスリルでなら理想のカット石にしてくれるでしょう」

たったの5つしか存在しない原石。
その一つを譲り受けました。
頂いたチャンスを大事に、
大切に誠心込めて研磨しました。


化け石になりました


化け石になるタイプの石は非常に少ないのですが、
一か八かの世界の石のこともいいます。

この石のファセットカット研磨ができるようになったのは20世紀です。

もし、ナポレオン時代にファセットカット研磨ができてたら。。。
もしダイアモンドの光学的数値があったら。。
この国のこの石の代表選手とイメージの歴史は変わっていたでしょうね。



いつか遊びがものをいう。

本気で遊ぼう!


皆様のコレクションがこれからも艶やかに充実してきますように、
今後ともまい進してまいりたいとおもいます。



素敵な時間をありがとうございました🎶




コメント
コメントする








   

ショップマーク2

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

                

recent comment

categories

archives

my shop

        

今日の誕生日石

今日の誕生石
誕生石ブログパーツ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

みんなのブログポータル JUGEM

twitterbird