ミネラルザワールドin横浜<2018・春>終了


たくさんの方々にお立ち寄りいただきまして、
誠にありがとうございました。
なかなかお会いできない遠方の方々も大勢いらしていただいて、
石友さん達の交友の広さを目の当たりにしました。
また新しいご縁もたくさんできまして、
皆様のお陰で大盛況でした。
こうして皆様に盛り上げていただいて、
感謝の念に堪えません。


新作・新登場石はコキンボ石とパープルヘルデライト。
どちらも鬼レア。待ちわびてた方が大勢いたかと。
皆様の方がよくご存知で待望の!という感じだったかと。

そしてかわいらしいタマゴかかえたグレープアゲート。
お菓子みたいでコロコロ遊んでみたりで大人気でした。

気が付いたら、紫づくしな新学期でした。
紫色の石はレアストーン界ではとにかく少ない…。
あるうちに、という色合いですね。

オーダーいただいてた石達も多かったせいか、
表では語れない歓喜の声がたくさんありました。

あとは…
朝一で出したら速攻なくなってしまった鬼レア産地な石が
あったのですが…

朝一で来ていただいた方へのご褒美石なので、
なんであるかは黙っておきますw

今回のショーで印象に残った事。

新登場のパープルヘルデライトから、
昔だしたヘルデライトがスミソニアンにあるのと
たった一つの原石からの兄弟石であるという話を思い出してくださった方がいて。
その話になったり。
最近の鉱物の方でフローライト人気なのか、
ロジャリー鉱山が閉鉱した話は知れ渡ってるようで、
最後のポケット、当社のブルーバード#2ポケットものが
鉱山主さんとたった一つの結晶で
皆が兄弟石ルースを持ってるわけですが…
鉱山主さんの自筆入りラベルコピーとともに
はじめて御購入いただいたフローライト好きな方が嬉しそうに
「そういうお話がついてるのは嬉しい♪」と。

こんなことができるのは自社研磨ならでは醍醐味で、
更に原石入手から一から丁寧にプロセスを大事に作ってるからこそな
ソースもきちんと開示できる。

たった一つの小さな小さなルース。
でもその石にまつわるバックグラウンドがあったり、
小さなストーリーがついてると…

繋がってる感じがして嬉しいし楽しいよね♪(´艸`)

いつだって物言わぬ石達は語るんだよ♪

ニュージェネレーションな方々が増えてます。
今度は皆がストーリーテラーになれますように。

昔からうちはお立ち寄り場というか、情報集結する場所でもあるかとおもいますが…
とある石を探してた方の目の前に、その石について書いてる方がひょっこり現れ。
久しぶりに面白い光景に出くわしましたw

石と人のご縁が、人と人を結び、人がまた石と結ばれる。
皆様にも石にまつわる素敵なご縁がありますように。

ーーーー

印象に残った言葉。

「あたまおかしい」(誉め言葉

日本産の青翡翠のファセットカットと日本産の琥珀のファセットカットで言われました。

確かに他ではやらない非常に大胆で贅沢な事を常にやってると思います。
普通に歩留まりを考えたらカボションでしょうけど、
店を始めた時からのスタンスは揺ぎ無く貫いてますw

ないから欲しい、ないから作る。

欲しいと思う人がいる限り…
貫いていこうとおもいます。


笑いあり、驚きあり、歓喜ありな
とっても楽しい展示会でした。


またこの一年、皆さまの素敵な笑顔を見たいために、
精進してまいりたいと思います。


次は何を作ろうかな〜(´艸`)


ミネラルザワールドin横浜<2018・春>


ミネラル界の新学期がやってまいりました!!




ミネラルザワールドin横浜<2018・春>
http://www.mineraltheworld.com/


毎年目が離せない
ツーソン買い付け後の新着商品
が、出る展示会ですので、
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

開催場所

産業貿易センタービル1F 横浜産貿ホール<マリネリア>
(当社テーブルNo.83・84)


開催日時

2018年3月23日(金) 10:00〜18:00
2018年3月24日(土) 10:00〜18:00
2018年3月25日(日) 10:00〜16:00



アクセス

みなとみらい線、日本大通り駅3番出口 徒歩約5分
マップはこちら

どなた様でも入場無料です。

今年もなんと!

朝から金券もらえちゃう!(v^ー°)

メンバーズになりますと更に特典等がありますので、
くわしくはこちらのHPをご覧下さいませ。
http://www.mineraltheworld.com/


展示会場図
map

新学期ですから今年もまたミスリル学園にも新入生達が続々と入学しました。

それなりなテストを受けて合格しないと入れない学園ではありますが…

校長がすでにおかしな校風を掲げてるので…
作文の内容と面接で面白かったら入学できる
自由すぎるラインアップとなってます。

この他にもまだまだ新着商品多数、激レア、
市場初お目見えの石などもご用意しております。
一点限りのものもあります。

皆様のお越しを新入生石達が心待ちしております。



ツーソン紀行2018


一面の銀世界…


うちの目の前に積もった20cmのフワフワサラサラな真っ白な雪をみて…


綺麗♪カマクラつくりたーい (*´∀`*)


って違う違う! ( ̄ー ̄;)



関東で大雪が降り、空港のスケジュールが超過密になり
数日の調整のための混雑で飛行機が飛ぶかどうかわからない状況の中…

運よく順調に飛んでくれた♪


でも。


離陸待ちしてる「よし次だぁ〜!」な時に


これから離陸しようとする滑走路に
いきなり爆音ならして「はい、ちょっとはいりまーす♪」とばかりに
着陸する飛行機が入ってくるのを間近でみると…


ビビる (;゚Д゚)



ホスピ君(こちら)には会えなかったがPepper君はいた…


毎度おかしなスタートで始まるミスリルのツーソン紀行です。




機内も色々充実してて、最近は充電できるわ、Wi-Fi使えるわ〜


大雪の後、富士山がとっても綺麗だと
機長の粋な計らいで富士山に近いところを通ってくれる運がいい時がある。
流石日本が世界の誇る、日本の象徴。
(※この写真は私が2011年に山梨側で地上撮影したものであくまでイメージ画像ですw)

今年は外を見ても真っ暗…

あれ〜?窓の下に変なボタンが増えてる…
押してはみたものの何がどう反応してるか分からず。


(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ

諦めた人



久しぶりのロス経由でしたが、
イミグレーションの雰囲気が変わってて、
オートメーション化されてて、


ひるむ(;゚Д゚)


自分の順番になって、
よし!と気合を入れて果敢に立ち向かってみたら…
日本語バージョンもありでほっとし、
周りが紙もらってて、自分ももらえるとおもったら


「貴方は事務所の方にいってね♪」
By 自動読み取り機


Σ( ̄▽  ̄ノ)ノえっ!?


パスポートの期限が6か月未満だと
ビザの関係で自動的に小部屋の方に誘導されるらしい。


小部屋初体験かぁー.....(;__)/| ずぅぅぅぅん
(フライトスケジュールがキチキチだとこの状況は拘束時間によってつらい展開になる場合もある)


と、気持ちが重くなったが、
去年が行きがキチキチスケジュールで優先券もらって、
おまけに帰りも香港経由になったりで。
今年は超余裕余裕二倍二倍!のスケジュールを組んでたので、
まーしょうがないと思いながら、
結局事務所には通されず、そのまま普通に出てきた。


拍子抜け( ̄。 ̄)



無事ツーソン入り。

聞くところによると、前日入りした方々は
フライトがキャンセルになったり、ルート変更したりとか
長時間空港で足止めくらってたりとか(´・ω・`)

------

さて。

恒例のツーソン入りして一番にすること…



冷蔵庫をこれで埋める!(w)

これがあるところに喜んで生息するのがミスリルで。
最近は国内外、すっかり知れ渡ってしまって☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆,

これを用意しておびき寄せられたりします(;´艸`)

------

二番目にすること。




ニーナちゃんの撮影会(ぇ


かれこれ5回目(5年目


今年もおうちに入るなり、そろりそろりと出てきて匂いを嗅ぎながら…

「あ!ミスリルだぁ〜♪にゃーん♪元気だった?」と。


実は超人見知りなタイプな猫ちゃんで、
人が来てる時には隠れてしまうタイプ。
御主人のアイゼイアスとニーナは心がリンクしてて…
取引のさじ加減・今後の付き合い方がニーナの行動によって決まってくるかとw

でも、どちらも心開けばハートがとってもあったかい福猫と福人です。


ニーナちゃんの撮影に夢中になってると…


アイゼイアス「粋のいいロードクロサイトコレクション放出あるよぉー」


振り向くと…




ぬぉーい!こんなに小さくなっちゃって!

どうやって魔法を解いたらいいんだ?


ミスリル「ニーナちゃん どうしょ?!!Σ(´Д`;)」





しらにゃーい。
この本の作者のコレクションらしいけど?
本にも載ってるにゃん♪


よかった…標本屋でも標本コレクターでもなくて。
初っ端から強烈なパンチくらってお金なくなって仕入れ終了してしまうところだったΣ(´Д`;)
と、いうほどに今時みない幻のものまで含めて
やばい美品と逸品が大量に。


あ。勿論!別の超絶レアストーンでガッツリやられてますが、何か?d(・ω・*)
(カット石としてのお披露目はいつになるやらですけど…w)


そこに数人入ってきて。

「聞いた?マーカスの話。大変だよねぇ」


どうした!?マーカス!!??


予定してた去年と同じショー会場場所(映画館)に数週間前に強盗が入り、
いろんなものを盗んで、配線までもで、火災警報器までなってしまって、
水浸しで電気系統も壊れて使い物にならないらしい(; ̄Д ̄)


可愛い映画館(去年撮影)

日本と違って、ツーソンはけして安全とは言えない。
コンテナごと盗まれた話だってあるし。ここ数年程そういう話が多い。



「だから僕たちも気を付けよう!厳重体制で行こう!」

そう。アイゼイアスは一昨年から開催された「Just minerals show」の主催者です。

アイゼイアス「もう一人、ヘルプ必要かも…じーーーー(。・艸・)」


あ?え?…まて。こっちを見られましても…(゚Д゚≡゚Д゚)


------

夜はキース大先生からの手作りクッキーとチョコのお届け♪
つか、暮れにもらったばかりなんだけどぉー(日本に遊びにきてた
レシピがどんどん増えていって、ただいまNO.80を超えててw
しかも最近では本格的な特製のチョコまで作ってるというほどに…
チョコホリックw


すごーい♪本格的!

キース「で、そういうことでヘルプよろしくぅ♪」


はい?!


そう。キースはマーカスのショー「New Tucson Mineral Show」の発起人の一人である。

------

次の日、すでにツーソン入りしてる友人や馴染みのデーラーに会いに。
この日にところどころで飛んだ会話…



「じゃ!またあとでね♪>∀<)ノ゛




本日はベニトアイトのブローカーで有名な
John and Ronna Veevaertのウェディングレセプション(ツーソン編)な日


招待された方々はミネラル界の錚々たる顔ぶれである。

ツーソン始まっていきなりたくさんの友人たちと遭遇。
一挙に揃うことが少ないご時世、
皆でワイワイしながら写真撮りまくって遊んでたけど、

ロナ「三人の写真撮って撮って!!♪♪」

何事かと思ったら…


ロナとダイアナ ブルース

この写真だけじゃー 皆さんわからないですよね?
昨年暮れから新産出として話題のイギリスのDiana Maria鉱山の蛍石。
多くの鉱物標本デーラーが今話題のしかも人気の高い蛍石を喜んで仕入れたと思われますが。
鉱山名は彼女の名前が由来です(Diana Bruce of Crystal Classics)



ロナ          数々の御馳走        ジョンビー



宴もたけなわな頃…


突然。




ジョンビー「で、天ぷらパーティーはいつやる?( ̄∇ ̄)ww」
き〜さん「「天ぷら粉持ってきてたりする( ̄∇ ̄)v」


アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ


事の始まりはさかのぼる事、池袋ショー開催中に。
ジョンビーとロナとご一緒させていただいた時に…
話の流れで…つい、お口が勝手に

「ツーソンで天ぷら作りましょうか?」

とほざいてしまった。


しっかりと覚えていた…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



天ぷら粉あってもなぁー…
天つゆどうしたら…( ̄。 ̄;)ブツブツブツブツ


( *´ノд`)<天つゆ?あるよぉ? コショショ 

用意周到き〜さん




袋の鼠!



そしてこの日の夜。

一通のメールが…

〇氏「当日までに名刺を受け取りにくるように」


うへ また号令かかった(。-`ω-)


10年目w

-----

アイゼイアス主催のショー
「Just minerals show」始まる。

畑違うショーなもんで初日から来たのは初めてだったが。


なんだこのイモ洗いなごった返した人の山!


ところで私ヘルプしにきたけど、
あまりのすごさと管轄外すぎて何を手伝ったらいいのやら…
鉱物屋じゃないんで、何をしていいのかわからず。


テーブルの下に石が…


あ!うちでやってることと同じことをすればいいのかw


ところがこれが思うようにいかなくて。
箱の大きさが全部違うから穴埋めが大変(‐”‐;)
しばしパズルと格闘してたような気分でした。


魔法が解けた本来の姿の大黒様。あ、ちがうアイゼイアス(Isaias Casanova)


マーカスと遭遇。

マーカス「話聞いてると思うけど、場所変わったから!」
ミスリル「大変だったんだねぇー」
マーカス「で、ミスリルのバッジ出来上がってるから後でとりに来てね♪」


えっ?!


マーカス「ちゃんと印刷したものだよ♪」


いや、そういうことじゃなくてw




そこにマグナスコ登場。

マグナスコ「持ってきてくれた?」
ミスリル「もちろんw」
マグナスコ「じゃ〜あとでご飯食べよう♪その時にw」
ミスリル「オッケー♪」


はっ!背後から視線がぁぁ!(ノ´д`ノ



電柱┃_ ̄) ジィー<マグナスコとご飯より天ぷらはいつやるの?

ジョンビー



(只今出展中なジョンビー。因みにマグナスコとジョンビーは超仲良しですw)



無類の日本産鉱物好きさん マグナスコ

昨年の池袋ショーに別の国に入る前に急ぎ早にちらっと参戦。
急に来たからびっくりしたけどw

持ってきたものを渡しつつ…

マグナスコ「これでラフ&カットのセットになった♪」

と喜び。こちらも嬉しくなり。


ミスリル「なんでそれをチョイスしたの?」
マグナスコ「だってこの産地のがもっとも高品質と言われてるから、それを証明するカット石が欲しかった」

日本産鉱物好きの日本人だって、それを知ってる人は少ないというのに…
そもそもその産地すらも知らない人の方がジェネレーションギャップ的に多いかと。



ミスリル「で、アレは?」
マグナスコ「慌てて家でちゃって忘れちゃったwごめーん ( ノω-、)」

自分もあやうく忘れそうになって出発5分前に気が付いてあわてて探したぐらいだったので、
けして人のことはいえないんだけどw


マグナスコ「ちゃんと用意してたんだよぉー(TωT)」



カリフォルニアのコレクター達のコレクション集(※後日マグナスコから送られてきた画像)
帰宅したら、置いてたそのままの状態でキッチンテーブルにあったそうですw


この中に、その昔、私のコレクションだった日本式双晶を
現保有者のマグナスコがコレクションとして載せてる。
この標本が雑誌に登場するのは2度目。一度目がミネラ(持ってる方は探してみてね♪)
ということで、譲る時にミネラも差し上げたのですが、
どちらの号も速攻ソールドアウトで入手困難。

マグナスコの計らいで元所有者の私の名前もいれてくれたの♪

良いものは人にどんどんお披露目したほうがいいし、
学術的に貴重ならば、なおさら代表選手として知らしめていくのは大事かと。
なによりワン&オンリーな逸品標本を死蔵させないで所在をはっきりさせるためにも、
後に続く人達に襷を結ぶことができる。
そうしながら代々受け継いでいってるのが本物の鉱物コレクター達で、
その責任を担ってるという意識が高い。

受け継いでいくという精神で歴史が古い標本蒐集と違い、
なかなかレアストーンだけではこういうことができないんだけど、
カットの技術や情報が世界的にも向上してたりで、
海外では最近はラフ&カットで集めようとしてる人達が少しずつですが増えだしてる。

いつも標本界からは邪道扱いされ、宝石界からは異端児扱いされ
深〜い谷間においていかれてたレアストーン界が
ちょっとはおひさまにあたりだしてるみたいで嬉しいですけど。


まぁーそんなことを物語る事がありまして。
世界で初めてうちでお披露目したラピュタの石(まてw)が…
あれから一気に噂が回り大人気者になり(当たり前ですけど



今ではセットになるとこんなことになっちゃうんです。
(円じゃないよ、ドルだよ)

|・`ω・)<もう枯渇しちゃったみたいだしね


(鉱物の事はよくわからないけど、この標本はすごいというのは扱ってただけにわかる。
でも…ルースをこんなところへ留めてるのははじめてみたけど、研磨士としてはルースに、
特に熱に弱いオパール系をグルーガンでそういうところに留めるとかマジやめてほしいわぁ(汗)
互いに畑が違うからわからない事ってあると思うんだけどね、そのハイヤライトは特に衝撃だけで割れやすいんだよぉー
しかもバキっと半分に割れたら価値がなくなるじゃないかぁーそもそも誰がリカットするの?
つか、冷静に一度考えてみてよぉー ハイヤライトの方にグルーつけるか?w)


ルースをこよなく愛する人の心の叫び(。´Д⊂)うぅ・・・。


懐かしい写真をあげてみる(左から通常、長波、短波)2014年撮影 By K⇔M

--------

マーカスのショーのバッジを取りに行く。


迷子になる(ぇ


彷徨ってみる。


gem rideの看板が見えた!


が、しかし石門で止められる。


門番「合言葉は?」


あい べっぐ よぁ ぱーどんどん??


門番「…」



「マ――カス!!!」


門番「正解」



えっ!?適当に言ったのに…w

良かった…ぶっちゃけ苗字までとか言われたら、
オリゴクレースとかオーソクレースとかいうところだったw(うろ覚えw





が!しかし…





この中にショーがあるとですか?入るの怖いんですけど…





マーカス「ミスリル…そっちじゃないよ(´_ゝ`)」





緊急で借りた場所がお化け屋敷の敷地内というねw



ところで来たわいいけどぉー…
何したらいいですか、、、ね?


キースいないし(



刻々と時間だけが過ぎていき、数時間。


「電気の回線きてないんだけどぉぉぉ!!!」


あ。シャノンだ。



シャノン「あw ミスリルだw 配線担当キースどこいったの?」
ミスリル「しらにゃーい。シャワー浴びに帰ったとかなんとか?」
シャノン「今日はプレオープンだよ?w キースのところの配線なんとかしたら?」


えっ?!


ということでつなげてみようかとよく見てみると…
延長コードが全然足りてなくてどうにもならないっていう(。-`ω-)ンー


「あ〜〜!そこの配線は使わないで!!!」とかあっちこっち聞こえてくるし…


またパズルかよw



ポイッ (-_- )ノ⌒┫

出来ないことはしない子



でも。


思い出すなぁー…
ミネラルザワールドが始まって間もない頃を。
ウグイス嬢やったり、外いってビラ配ったり、
受付やったり、時間になると誘導してあげたり。
終わった後も片づけしたりしてねー。

というより、始まる前からを思い出すw
1じゃなくて、0からを知ってる唯一の人である。



目の前をお皿を持って素通りするデーラー。
良く見たらおいしそうなものが…


ミスリル「たべていいとでしゅか?( ̄q ̄)ジュル」
マーカス「デーラー用だからどんどん食べて♪」



出来ることは喜んでする子!!!有り難くいただく!(食べる担当w)


冗談抜きにして、搬入日に今時こういうことをする主催者っていない。
皆で一丸となって盛り上げていこう!がんばろう!って気持ちの表れな事。



マーカス「ミスリル…せめてカバーだけは外そうかね?もう人入ってくるしwww」


えっ?!

何時に始まるかも知らされてない子


キース来てないし、電気まだきてないけどw
プレオープン始まる。招待されたデーラーが怒涛のごとく入ってくる。


お客様「キースどこぉ?www」
ミスリル「あと2mileのあたりにいるらしいwwwしばしお待ちをw」
知り合い「なんでここにいるの?w」
ミスリル「あw えっ?! まぁーこれには事情がいろいろありましてwww」


「逆に電気ないほうが表面のキラキラ感のすごさがわかるから、その方がいい♪」

その場をなんとかしようと必死なミスリル



お前はオパール屋か?w


やっと電気通って、キース来る。
(動けないマーカスのためにショーに不足してるものを買い出ししてた人)

色々どっと疲れた(´-ω-`;)ゞ

何にもしてないけどw





はっ!背後を振り向けば…



おばけ…





じゃなくて。




天ぷらいつやるの?v(*´∀`*)人(*´∀`*)b


実は対面に出展してたロナ&ジョンビーwithマーカスの写真(この写真は準備中時)


二人にそんな満面の笑みを浮かべられても…w



そこへ背中をポンと叩かれて。

振り向くと…




|・`ω・)b<天ぷらにいいエビを見つけた!

プレオープンに招待されてたき〜さん



聞こえな〜いやめてぇ〜ε=ε=ε=ε=(∩≧o≦))←エビ好き

-------

面白いものがあるという情報の元…
とあるデーラーのレンタルハウスに行くことになり。
とっても静かな高台なところにあり。

S氏「でね、ここが静かでとっても好き」
ミスリル「ほんと静か〜テラスが素敵」
S氏「そこがすごく気に入っててね、毎年ここを予約してる」
ミスリル「へぇー」
S氏「今日の朝はコヨーテがきて遊んでったよ」
ミスリル「わかるわかる〜うちの妹もSF在住でコヨーテでたり、近所にいる個人所有の馬乗ったりしてるし」
S氏「ほぉー じゃ〜 表の馬運車に気が付いたかな? 愛馬もつれてきてるんだ♪」
S氏「奥さんは今馬に乗りに行ってる。ここから5分ほどのところにいる」


馬運車。石の世界には愛馬まで運ぶエレガントで優雅な世界もある。
来年はここに来る前にニンジンをもってこようっと♪
(一応馬場馬術鞍数1000以上の人です)


次どこ行こうか?悩んで。マーカスのショーへいく事にした。
毎回その日、ハンター気質と気分で行きたいところを決めるのがミスリルのアンテナ。


今日はちゃんといるキースw


で、スティーブ(Steve Perry)と遭遇!ヾ(*ΦωΦ)ノ

スティーブ「やぁ ミスリル!元気だった?wこれからホテルに帰るけど石持ってきてるから来る?」

もしかして今年は来ないかも?と言われただけに会えただけでうれしかったが…
逃がしちゃなるものか!?とついていくミスリルw


Steve&Sandra Perryご夫妻

今日は朝から穏やかな環境で、
穏やかに石を見つつ、ゆったりとした時間の中で人とお話ができた日であった。

来年も会えたらいいなぁー♪
レアストーン屋がどんどん消えていく中で
また一つ、また一つと消えていくのを見るのは悲しい。


-----

いよいよAGTA&GJXショー始まる。

宝石・ルース系が一斉に賑やかになる時期。
毎年変わらずな、
私も駆り出されるわ、もっともバタバタする数日。

新しい日本人業者も増えだしてる感じがしてて…
それをみるとニュージェネレーションがはじまったかなぁ〜
なーんて喜んでみたり。
それだけ国内の宝石市場の活性が戻ってきたということでもあるし。

ただ…

もっとも多かったご質問。

「フォスフォフィライトありますか?」


正直、お腹抱えて笑い転げてしまいました。


ちょっと前までは何それ?食えるの?と
覚えてもくれない舌をかみそうな名前のフォスちゃんが
こんなにも当たり前に名前が知れわたってることに。

この石をきっかけに国内でレアストーンコレクターの人口が増えたらいいね。


そんなことよりもっとも感動した事


セットアップ中に遊びにきてくれたスミソニアンのRussel氏。

Russel「ミスリル♪元気だった?」

ここまではいつもと変わらない会話なんですけど。

一緒にきてたキューレーターさんに、

Russel「ミスリルはスミソニアンに日本の石を寄付してくれたんだよ」

キューレーターさん「あ〜!ニフォントバイトとペンタハイドロボライトですよね♪」

即答


えぇぇぇぇ〜〜〜〜っ?!





鉱物名まですぐにポンとはっきりと覚えてて言えちゃうの?


・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ〜ん


セットアップ中の私服姿の貴重なラッセル氏。

世界最高峰の博物館のキューレーターさん達はとにかくすごいと
改めて敬服しました。

レアストーンが喜ばれるところって…
博物館、学術研究機関、大学機関。
そしてコレクターw

目の肥えた、そして博学な方々だけに守られてる。

手ごわい方々ばかりで気が抜けないですけどw
やりがいがあるから続けていられる♪

------

West ward look show始まる。


ミンダットのジョリオン氏と出会う。最近は毎年ここで必ず会う。
出会ったらかならずすること。お互いに写真を撮るw


ミスリル「頼れる兄貴のリックが初出展してるんだけど、どこにいるやら探してるw」
ジョリオン「あ!僕もちょうど探してたところw いこいこw」

ということでリックを探せな旅を始める二人。



みてみて〜♪成長しちゃってるよw


ジョリオン「やっぱアラゴナイトかなぁ?」
アシスタント「かなぁー?分析しちゃう?wwww」


噴水に成長しちゃったたぶんアラゴナイトw


ジョリオン「あw リックの部屋あそこだ!」
アシスタント「あの事いいます?」
ジョリオン「あ〜 あの事どういおうか?w」
アシスタント「どうしようか?」


お耳ダンボなミスリル!( ̄∀ ̄)3なになに



面白い事聞いちゃったわ。
どこにいつどんな情報が転がってるかわからないのが石の世界。
これだから石の世界は面白いw


新しい名前が生まれるかもね♪
(これ以上は何もいえないw)


リックの部屋にあったディスプレイ。

歴史ある有名な雑誌の表紙を飾った石となると格が違ってくるね。

-------

さて。

朝からあーでもないこーでもないと、仕入れ。



天ぷらの材料をですw



ここはアメリカ。しかもかなり「田舎」です。
食材入手も日本とは勝手が違う。



当初の予定では数人の予定だった。


素材を買い、家に行ってみたら…


えっ?!



12人に増えてるw



会いたかったJessy&Joan夫妻(ロジャリー鉱山主)も来てくださったり、
ワイナリーのBrett Kellerが来たり。

アメリカの油と日本の天ぷら粉が合うかどうか、
(一応日本人のやってる和食屋さんに飛び込んで色々聞いてきた)
買ってきた食材を味見するのも大事だし、
どう切るかも(硬さと揚げる時間が違ってくるし)
食材の順番だってあるし…
万が一の為と思い、食材はどれも多めに買っておいた!

でも。。もうぶつけ本番で行くしかない!

勘だけを頼りに。。。食材は生でかじって歯ごたえもみてみたりw
調理場が修羅場と化し…
アツアツの状態で食べてほしいし。
次から次へとどんどん召し上がってくださったので、
天ぷら粉を袋丸ごと使いきったのははじめてですヾ(。 ̄□ ̄)ツ

本日のメニュー
エビ、イカ、ジャガイモ、サツマイモ、アスパラ、タマネギ、カボチャ、シイタケ、インゲン、ナス。
サラダ 3種。

気が付いたら、皆さん全部残さず召し上がってくださいました。

スタンディングオベーションが起きましたΣ(・ω・ノ)ノ!w
料理を作っててそんなことになったのも初めてですw


豆も投げ合い節分もしましたw 皆の笑顔が私にとっての最高のごちそうでした♪


ジェシーとジョアンに会いたかった理由に、
さかのぼる事、去年差し上げたカット石のお礼にと
後日ジェシーから送られてきた石達の中に
一点おかしな現象を見つけて。

こんなの見たことない…

で、はじまっちゃった以下の真剣トーク


よもや、私 そっちのけw(専門外なもんでw

ジェシー「僕もたった一つだけ見つけてマイコレにあるんだけど、探してもどこ行っちゃったかw」
ミスリル「えっ?!もしかしてコレかも?!返すよ(汗」
ジェシー「僕のはもうちょっと大きかったから違うと思うww」

世界にたった2個の生存確認中。


チルチルとミチルの青い鳥〜
ジェシーとジョアンの青い鳥〜♪


空のワインボトルの数でどれだけ楽しかったかご想像にお任せします♪

------

でも知っているの 人生とは心の持ち方で
どうにでもなるということを
たとえ優等生じゃなくても 人気者じゃなくても

誰もがみんなちょっとずつ年をとってゆくから
なんでもない一日が 実はすごく大切さ
今日が誕生日じゃなくても 記念日じゃなくても
給料日じゃなくてもね

毎日がスペシャル!
Everyday is a special day for everyone
Very Very special Day!

毎日がスペシャル 竹内まりや





ミスリル〜








今年も楽しかったかにゃん?





うん♪とっても。




そうか〜 よかったにゃ〜ん♪




ニーナ またね♪



ジェシー|・`ω・)<来年はしゃぶしゃぶが食べたい!
ロナ ( *´ノд`)<鍋なら持ってるからツーソン持っていくね!


来年はしゃぶしゃぶですか?大好物ですよ、わたし・・・・( ̄〜; ̄)



「いつからこうなっちゃったんだろう?」

殺伐とした売る買うだけの関係。
そんなことに色々憂いを感じる今の市場に
元に戻そうと奮闘してる人達がいる。
今回はそんな明るく前向きに頑張ってる人達にスポットライトをあててみました。



また楽し気で愉快な新入生達がきました。
今年もまたお楽しみいただけたら幸いです。











新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます


旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申しあげます。

本年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申しあげます。

皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



皆様にとって今年も素敵な石とのご縁がありますように♪♪



カラーストーン ミスリル

年末のご挨拶


2017年も残すところあと僅かとなりました。
皆様の多大なご支援のお陰で無事に過ごせましたこと、
大変感謝しております。
来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い致します。
新年には、また元気な姿で皆様とお会いできますことを
楽しみにしております。
よいお年をお迎えください。

Happy Holidays!!

カラーストーン ミスリル




第26回 東京ミネラルショー in 池袋(2017) 終了


国内最大のミネラルショー

石の世界のテーマパーク




書きたいことがいっぱいある…
でも文章をまとめるのは文才もなければ時間がかかる上に超下手くそである。
最近は読むほうも大変かと(A;´・ω・)

大変に遅れましてすみませんでした(*´-ω-`)



相変わらず蛍光鉱物・宝石好きです。皆様もw
いつもだと「UVライトどんどん当てて楽しんで遊んで♪」なのですが。


今回はお初の前代未聞な


UVライト照射禁止令発動


お客様一同「えぇ?!(; ̄д ̄)」

ミスリル「…。ここにある色ですでに一か月以上前に当てた状態なんで…(; ̄д ̄)」


お客様一同「えぇ?!(◎ー◎;)」


ミスリル「今当てちゃうと…ね、、、なかなかすぐに戻らなくなるから(◎ー◎;)」


お客様一同「因みにどんな色にまで変わるんですか?(´・ω・`;)」
ミスリル「最高級なルビーレッドとか…(´・ω・`;)」


Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!


ミスリル「僧侶の最高位の袈裟の色とか…(´・ω・`;)」


Σ(-`Д´-ノ;)ノ?!



こんな天然な宝石は今までにないかもねぇ。


好きな色でとめて楽しんでね♪

な宝石なんて(☉∀☉)


今回はRapid,Fine,Exquisiteと三パターン用意しましたが…


「もう作れません。標本は1960年代のものだし」

といわれたら、コレクター的にはどれも欲しくなるという。
セットになるチャンスがある今のうちしかないし…


比較対象にアフガニスタンのと比べてみたら…


「この色変わりで皆大喜びしてた時期があったねぇー…」


と、遠くをみる眼差しであった。。。ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ


比べちゃいけません。早々に出るものでもないです。


これだけがワン&オンリーで、


特殊なんです


大切に大切に…慎重に。一年がかりの制作日数でした。
当社のこの石が大好きなお客様方々への感謝の心をこめてな…


最強無敵なハックマナイト。

-------

通称「ウォータークリア フローライト」

ロシア ダルネゴルスクのフローライト。

ロシア(ざっくばらんに広範囲にしちゃいますがw)って…
カキンとした冷たい透明感がある鉱物がでやすいですね(主観

ありそうで実はない、
色をまったくかまない氷のようなカキンとした冷たさを感じるほどに透き通るフローライト。

それを象徴する名前までつけられてます。
インビシブルフローライト(見えないフローライト)。

実物をみると…
フローライトレンズが存在するのも頷けるほどにクリア。

つまり…
高級なカメラや顕微鏡・天体望遠鏡にあるフローライトレンズを
クリアな天然石でファセット研磨したら輝きと屈折はどうなるのか、
な答えを出してるようなフローライトでして。

屈折率の波長分散がガラス・水晶より低く、透過波長領域が広いという異常部分分散性が
非常によくわかるというか…

色収差(ずれ)が低いから「インビシブルフローライト」っていうんですよね(≧∇≦)

そういえば、忘れてた!
水に入れたら消えるかな?
氷晶石とかみたいに…
考えたらあれも「冷気の石」でハロゲン化鉱物だし…
ブツブツブツブツブツ…(。-`ω-)ンー

--------

グリーンドラゴン鉱山デマントイド。


名前がかっこいい…(そこ?w


他の産地とはちょっと特徴が違う地質で。
今回もレポ付きとなりました。

ミスリル「でねぇー ○○と共生してるんだよねぇー 珍しいよねぇ〜」

ガーネット好き〇〇年さん「ナミビアは相変わらず面白い産地だねぇw」


…Σ( ̄□ ̄


ナミビアが面白い産地だと知ってたことに逆にびっくりだわ。
残念なことにこの産地はただいま閉鉱。


ミスリル「グリーンドラゴン鉱山のデマントイド〜♪( ̄ー+ ̄)」

某鑑別機関の方「先日視察にいきましたよ、閉鉱してますね」


もっとうわてがいた(=゚ω゚=;)


ん〜もうホントにホントに何年たっても偉そう〜なことは何一つ言えないなぁー
と常々思うほどにつわものだらけなのがレアストーンの世界であった。
コレクターしかり、業界人含めて、皆がプライドと誇りをもってるからだろうなぁ。


そう思いながら、ふっとうちの中を見るとなぜかうちの年齢層がすごく上がってることに気が付く。
ふっとうちの外を見ると幅が広い層でご新規さんが。
昨年の12月のブログでかいた「襷を繋ぐ」な襷の…

数が増えてるんですが(*^ワ^*)

中で同窓会始まってるわ、外で新しい友達の輪ができてたり…

こんな事ができるのもうちならではかも。:*:・(*´ω`pq゛

-------

今年は第二会場開設10年目
当社は1年目からずっと第二会場組。
10年前の様子

10年選手は…もううちだけ。

昨年度までもう一社いたのですが。。引退。

展示会で唯一毎回長蛇の列を作る展示会随一の超人気名物オヤジ!ジオードの神。
昨年のブログ

絶妙なトークと人柄で超人気者で。
朝から晩までそれだけを見に来てた方がいたぐらいファンも多かった方。

いないというだけでかなりアンニュイな気分になる私ε-(´・`)

3Fは本来は非常に難しい会場で。ホントの実力がないとならないような位置で。
問答無用ガチな世界とでもいうんでしょうか。だから私好きなんですけどね。
次いで古いのが透明骨格標本屋さんだったりとかですし、実力派しかいられない会場です。

ずっとこの会場で勝負したい!(屮゜Д゜)屮

という非常にわがままに。。。この10年。
ホントにお客様・コレクターさんにずっとずっと守られてたなぁーと、
改めてひしひしと実感。


でも、10年後の世界など想像してはいなかった。
今、見渡せば世界が大きく違う。
なんか今年めちゃくちゃ賑やかになってる気が…
と思ったら、ガイドブックが品切れ。

賑わいにあやかって周りはきっと同じように盛り上がってたのかも。
でも、私にはなぜかモノクロの世界にしか映らない。

唯一…
そして、無二に。
色が見える・温かく感じる世界…

生きてて。活きてて。

それは皆様からの眼差し。
キラキラしててとっても綺麗で。

皆それぞれに違ってて実にカラフル。


某業者「で、例のアレで便乗とかやらないんですか?www」
ミスリル「やりません(即答)」

業者さんからの質問がもっとも多かったのがこれですが、
不思議とお客様やコレクターさんから一切出てこなかった。

皆様に守られてるなぁーと改めて実感。

某お客様「そういえばフォスを探し続けてて、ここで買ったんだよね〜」

そうだよねぇー…あれからもう10数年。

10数年?!

20年ぐらい前からコレクターですが、
モノクロに見えるのはそういうことか(´・ω・`;)

あの頃の自分を思い出してみると、
見る石、聞く話、全てが新鮮で。
片っ端から手を付けてた気がする。
今より数少ないショーに行くのが楽しみだったし、
毎回興奮してた。

誰にだって初めての瞬間や時があり、
それがない人なんていない。
問題なのは、その気持ちをどこまで維持できるかだとおもうんだけど、
幸いにしてうちにきてるお客様方々やコレクターさんは
いつまでもその気持ちが色あせてない。

この10年は…

レアストーン界のカンブリア爆発時代

だったと思います。
奇妙でキワモノな生物がたくさん潜み、
捕食頂点のアノマロカリスが生息w

でも今でも知らない石はまだまだたくさんあるし、
口にだしてはいないが興奮はしてるけど。
買うだけの側か、作って店頭に並んでるかだけの違いであって。

ないから欲しい、ないから作る。
このスタンスは今でも変わらず。
情熱が冷めたら、こんなことは続けてられない。

とかく「10年で一区切り」といわれるように、
これからの10年で一体何人の方がコレクターとして成長するのか。
皆様と一緒に、この第二期カンブリア時代を静かに見守りたいと思います。

アノマロカリス。
結局、子孫を残さないまま謎の…


絶滅


私達がそうならないことを祈りつつ。
コレクターの襷が結ばれていく事を願います。

だから引き続き…

「洗練された大人の遊び場・隠れ家・サロン」なミスリルでいたいと思います(*ノω<*)

もう一つ。

保護地区ねw



某お客様「久しぶりに復活〜〜♪おひさぁー(*^-゚)v アンター〇チサ〇ト探しにきたwww」


「おかえり♪」


『いってらっしゃい』と『おかえり』。

この言葉をいうのもうちだけかな。


ところで、〇砂君はうちで作ったのが隠してあるんですが…
可哀想に。誰も探してなかったんだが。

あれだけ「さらわれたい」と願ってるのにw

出したら誰かこの子の願いを叶えるべくさらってくれるのかしら?|・ノロ・)ヒソヒソ

そもそもこの子がコレクションにいないと何にも成立しない気がするんだけどねぇー
ブツブツブツブツ(。-`ω-)ンー



たくさんの方々にお立ち寄りいただきまして、
誠にありがとうございました。
なかなかお会いできない遠方の方々も大勢いらしていただいて、
石友さん達の交友の広さを目の当たりにしました。
また新しいご縁などもたくさんできまして、
皆様のお陰で大盛況でした。
こうして皆様に盛り上げていただき、
感謝の言葉につきません。

今後ともよろしくお願いします。


第26回 東京ミネラルショー in 池袋(2017)


第26回 東京ミネラルショー in 池袋




今回で26回目となる日本最大の東京ミネラルショー、当社も出展します。
2017年最後のとても楽しい展示会、是非皆様越こし下さいませ。

なんと!第二会場開設10年周年!特別企画。

当社は1年目からずっと第二会場組。
たぶん…もううちだけになってしまったかな?10年選手は…。

10年前の様子はこちら


開催場所
池袋・サンシャインシティ文化会館2F・3F

開催日時
2017年12月1日(金)〜4日(月) 4日間 10:00〜18:30 (最終日16:00)

アクセス
池袋駅から徒歩約8分、東池袋駅から徒歩約4分、東池袋4丁目駅から徒歩約4分
マップはこちら

カラーストーン ミスリル 3F 第2会場 ブース番号:No.320,321

2014池袋ショー会場図
※一昨年度より第二会場のレイアウトが大幅に変わりました。当社の位置に変更はありません。

日本最大級の大展示即売会!

入場料(4日間通し) [公式ガイドブック付] 一般800円 学生500円 中学生以下無料

--------------------------------------------


今年の特別展示は

「第二会場開設10周年記念企画」

「Chengjiang fauna's Monsters」

私達人間が生まれるずっとずっと昔、
生命が爆発的に誕生した「カンブリア爆発の時代」のユニークな生物たちの化石展示。

‘奇妙なエビ’として知られるアノマロカリス。
直接の子孫を一切残してない化石界のプロブレマティカで謎の絶滅した、
その当時の頂点捕食者であったと考えられるカンブリア紀最大の動物。
そういった多様でユニークな生物たちの化石を一堂に見れる機会です。




扉の向こう側(9月サロン)



恵比寿の雑居ビルが建ち並ぶ中


そこに隠れ家。




扉を開けるとそこには




サロン、そこは日常とは違う別世界。

たくさんの石に囲まれながら
のんびりお茶を飲みながら、ゆっくり見ながら
石をこよなく愛する人達の束の間の癒しのひととき。

優しい日差しに包まれて、普段何気なく見てる石達に新たな発見も見出したり。
どこからともなく自然に会話が弾みだす。

サロンとは知的な会話を楽しむ場所を意味し、
情報が集結する場所である。
ミスリルのサロンは石談義を楽しむ場所であり、
また石の情報が集まる場所でもある。

アットホームな雰囲気の中で多くの方が集いました。


けして秋だからと意識したわけではなかったが…
新作が、秋の柔らかい日差しの下、優しく色づく紅葉みたいな色でした。

この言葉がまさにぴったりお似合いだなぁーと思う、
はじめてつかってみた色表現…

アースカラー


それ以外、色表現しにくいですねぇー。
だってホントに色起因が、これがまさにアースカラーの本家でしょ!って石ですもん。

ありそうで実は一つもないシリーズ。
その石の内面に隠れた秘めたる輝きと美しくきらびやかに輝く光沢を知りたい…
ルースコレクターならば、誰しもがそう思う宝石。

そんな表現しがたい色だからと、いっそのこと宝石名つけちゃえ!
で、生まれた色名。

琥珀色


見たことありますか?キラキラとダイアモンドのように光る琥珀を。


「琥珀にみえない…ラベルがなかったらわからない」


最高の誉め言葉をいただきました。


国産物ですから、御入手された方々はどうか大切にしてください。
ファセットカットの大変に繊細な琥珀です。取り扱い注意となります。
間違ってもいい匂いがでるかもと…火にかけないでくださいねw

推定年齢8500万歳〜9000万歳(白亜紀)
恐竜とともに生きた宝石です。
化石が宝石になることって冷静に考えたらとっても稀有な存在ですね。


今回のサロンは研磨についてのあれやこれやな話ものんびりできて、
年を追うごとに皆さんからのご質問やご意見や話題が大変に豊富になってる気がします。
書きたいことはたくさんあれど、胸の中にしまっておきますw
あっという間の二日間でした。

たくさんの方々にお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。
今後とも楽しく和気藹藹としたサロンが引き続き開催できるよう、
日々精進したいと思います。


プチ・サロンへのお誘い(ミニショー開催)



秋のプチ・サロンを開催したいと思います。

昨年の様子は⇒こちら
6月の様子は⇒こちら

普段のあわただしい展示会・即売会とはちょっと違って、
石好きさんの憩いの場になったらいいなぁーと。

御茶菓子なども用意してます。
お気軽にラフな感じでお立ち寄りくださいませ。

数多くの新着の中に、
皆様が長い間待ちわびていた待望の和製石が…


開催場所

North Park Tokyo

東京都渋谷区恵比寿南3-2-18永井ビル3F
(駒沢通り沿い 一階が通りに面した永井歯科医院 隣がセブンイレブン)

日時

9月29日(金)11時〜19時
9月30日(土)11時〜19時




<アクセス:恵比寿・代官山徒歩5分>
恵比寿駅5分(JR湘南新宿ライン/JR埼京線/JR山手線/東京メトロ日比谷線)
代官山駅徒歩5分(東急東横線)
駒沢通り沿い



Google Map ⇒こちら



扉の向こう側(6月サロン)



恵比寿の雑居ビルが建ち並ぶ中


そこに隠れ家。




扉を開けるとそこには




サロン、そこは日常とは違う別世界。

たくさんの石に囲まれながら
のんびりお茶を飲みながら、ゆっくり見ながら
石をこよなく愛する人達の束の間の癒しのひととき。

優しい日差しに包まれて、普段何気なく見てる石達に新たな発見も見出したり。
どこからともなく自然に会話が弾みだす。

サロンとは知的な会話を楽しむ場所を意味し、
情報が集結する場所である。
ミスリルのサロンは石談義を楽しむ場所であり、
また石の情報が集まる場所でもある。

アットホームな雰囲気の中で多くの方が集いました。


今回たくさんの裏話やオフレコな話が飛び交い…
絶え間なく楽しい石談義が続き、ずっと話をしたり聞いてたりしてました。

何よりうれしかったのは「はしご石祭り!」と大騒ぎしながら、
皆様二日間あっちこっちと大移動して楽しそうに戦利品を見せてくれたりしたことかな(≧∇≦)
それを互いに見せながら「でかした!」「おめでとう!!!」な言葉が飛び交い…

最近強さを増して思う事は…

皆集まったらすごい博物館レベルの、いや。。超えそうなレアストーンルース展示ができそうです。

勿論!今回も出来立てほやほやの世界初な新作もありました。
御入手できました方々、どうか大切にされてください。
産地含め、色含め幻の蛍光鉱物と鬼レア激むず石です(え?二種w

たくさんの方々にお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。
今後とも楽しく和気藹藹としたサロンが引き続き開催できるよう、
日々精進したいと思います。



余談:私のマイコレが同時開催されてた某パンフレットにさりげなく潜んでたりします。

石に名前を付けたりすることってあると思います。

あの石には名前をつけまして…


Bird-of-paradise

極楽鳥


石と人を結ぶ、人と人を結ぶ、人と石を結ぶ、幸せの鳥。


ウォーリーを探せ!
良かったら極楽鳥も探してみてください。
素直な目を持ってたら見つけられる♪




| 1/4PAGES | >>

ショップマーク2

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

selected entries

                

recent comment

categories

archives

my shop

        

今日の誕生日石

今日の誕生石
誕生石ブログパーツ

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

みんなのブログポータル JUGEM

twitterbird